カウカ、ナリーニョとならびコロンビア南部でもっとも重要な産地ウイラ。この地方はマグダレナ川が流れる山脈地帯の谷合に位置しています。高地で育まれたこのコーヒーは、品質の高さで有名となり、小規模生産者によって生み出されるウォッシュドコーヒーはここでしか味わうことのできない、素晴らしいフレーバーであふれています。メインクロップは9月~12月、ミタカ(サブ)クロップは3月~4月にかけて収穫され、熟度の高いチェリーだけを丁寧に摘み取り、セパレーティングを行います。収穫後は手動でパルピングを行い、24時間のファーメンテーション、その後15日間のパラボラ(放物線状)型ベッドでの天日乾燥とそれぞれの工程で細心の注意が払われています。

地区名:アルト デル オビスポ
エリア:ウイラ県 サンアグスティン
プロセス:フリィウォッシュド
乾 燥:天日乾燥
栽培品種:ティピカ
標 高:1,730m (平均)
平均気温:18
 


お勧め商品

ダビンチ グルメソース

エッセーレ チョカオ

エッセーレ ピーチティ

モナンシロップ

GIFT

CAFFE` NERO<準備中>

コーヒー機器<準備中>